アコムで30万円借りたら返済額はどのくらい?アコムの最低(最小)返済額は他社と比較して低いのでしょうか?

アコムでの30万円の借り方と返済方法

大手の消費者金融であるアコム
気軽にお金を借りられる金融機関として、若者を中心に多くの人に利用されています。

 

そんなアコムで、たとえば30万円ぐらいお金を借りたいと思ったら、その審査に通るのはどんな人なのでしょうか。

 

自分がアコムから30万円を借りることができるか、この記事で確認してみてください。

 

また、無事にアコムから借りられたとして、その30万円の返済スケジュールや毎月の返済額がいくらぐらいになるのかも、知っておくべき情報です。

 

そちらも紹介するので、あわせて参考にしてみてください。

 

アコムで30万円借りられるのはどんな人?

 

まず、アコムの公式サイトで紹介されている利用対象者は、
「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」となっています。
アコムの基準を満たすかは審査で判断されますから、自分が20歳以上で、安定した収入と返済能力があるか確認したうえで申し込みましょう。

 

安定した収入というのは、カードローンの審査において重要視される項目。
アルバイトをしている大学生パートをしている主婦でも申し込めますが、無職や日雇いの仕事などでは、審査に通ることはないでしょう。

 

この前提条件を満たしたうえで、アコムから30万円を借りる審査に通過するには、目安となる年収を得ている必要があります。

 

「90万円」です。(毎月7万5000円ぐらい)

 

なぜ90万円かというと、アコムはお金を貸す際に、貸金業法という法律で定められている総量規制というルールを守らないといけないからです。

 

総量規制とは、個人に対して、その年収の3分の1の金額を超えた融資はしてはいけないというもの。

 

すなわちアコムが30万円を貸せるのは、少なくともその3倍である90万円以上の年収を稼いでいる人ということになるのです。

 

しかもこの規制は「総量」とあるように、他の消費者金融やクレカ会社から借りているすべての金額を合わせて計算されます。

 

もしプロミスからすでに10万円借りている状態でアコムから30万円を借りようと思ったら、40万円借りられる人、つまり年収120万円の人であることが条件となります。

 

ですから他から一切借りていなければ、アルバイトやパートでも十分、アコムから30万円借りられる可能性がありますね。

 

年収と入っていますが、実際に1年以上勤続している必要はありません。
それだけの年収を稼げるペースの月収を、3〜6ヵ月ほど連続で得ていれば、審査に挑んでもよいでしょう。
(それまでに返済遅れなどがなく、信用情報に問題がない場合です)

 

アコムで30万円借りた場合の返済について

 

当然のことですが、アコムから30万円を借りることができたら、期日までに30万円と利息を返さなければなりません。

 

アコムの金利は3.0%〜18.0%
融資枠が30万円の場合はたいてい、上限金利である18%が適用されるでしょう。

 

この18%という金利は、アイフルやレイクALSA、SMBCモビットといった他の有名消費者金融と同じなので、特別高いというわけではありません。
アコムやアイフルには、初回利用者を対象とした30日間無利息サービスがあるので、これを上手く利用すれば、金利ゼロで利用することも可能となります。

 

アコムの公式サイトには、無料で使える返済シミュレーション機能があるので、これを使って、アコムから30万円借りた場合の返済予定をイメージしてみましょう。

 

30万円を金利18%で借りたとして、月1回の返済を何回行うかで、毎月の返済額を算出することができます。

 

たとえば1年で返し切りたい場合は、12回を選びます。
すると……

毎月の返済額は27503円、
利息の総額は30044円、

となります。

 

3万円払って1年間、30万円を貸してもらうことになりますね。

 

1年半、つまり18回で完済する計画の場合は、

毎月の返済額は19141円、
利息の総額は44542円、

となります。

 

毎月の返済額が少なくなるので余裕はできますが、借りている期間は長くなるので、利息の総額は増えることがわかります。

 

このことから、アコムに限らず、できる範囲で毎月多めに返済し、なるべく早く返済を終えることが、お得にカードローンを利用するコツだといえます。

 

 

アコムで30万円借りた場合の最少返済額

最少返済額とは、一ヶ月のうちに返済しなければならない最低限の金額のこと。

 

先ほどのアコムの返済シミュレーションで算出されたのは、希望の期間(回数)内で完済するために返済するべき金額なので、最少返済額ではありません。

 

最少返済額は、アコムが「少なくとも毎月これだけは返済してください」と求める金額なので、苦しい月でも最少返済額だけ返済しておけば、滞納扱いにはなりません。
(もちろん、完済までの期間が延びるので利息層総額はアップしてしまいますが)

 

では、アコムで30万円借りた場合の最少返済額がいくらなのかも知っておきましょう。

 

最少返済額は、

最後に借り入れたときの残高×一定の割合

で計算でき、この一定の割合は限度額によって変わります。

 

アコム公式サイトで案内されている「一定の割合」は以下のとおりです。
アコムの最少返済額の一定の割合
多くの人は4.2%か3.0%が適用されることになりそうですね。

 

今回は、融資限度額30万円の人が、上限いっぱい30万円を借り入れた場合を考えてみましょう。

 

上の表を参照すると、一定の割合は4.2%なので

30万円×4.2%=12600円

という計算結果に。

 

千円未満は切り上げ、千円単位で設定されるので、この場合の最少返済額は13000円となります。
返済がどんなに苦しくても、毎月13000円は返すようにしましょう。

 

なお、返済を進めて借入残高が減っていけば、手続きによって最少返済額を変更することは可能となっています。

 

 

30万円借りるのにアコムは適しているのか

 

ここまで、アコムで30万円借りられる可能性があるのはどのような人か、そして30万円借りた後の返済イメージを見てきました。

 

最後に、30万円借りる金融機関として、アコムは最適と言えるのか、少しだけ考えてみましょう。

 

まず、アコムが所属する三菱UFJフィナンシャルグループの銀行、三菱UFJ銀行。
こちらではバンクイックというカードローンを取り扱っており、上限金利は14.6%と、アコムよりかなりお得に利用できます。
ただ、銀行の審査は消費者金融のそれよりも難易度が高いとされているため、総量規制をクリアしているからと言って安心はできないでしょう。

 

同じ消費者金融で考えると、
プロミス、アイフル、レイクALSAの3社はアコムと同じく、初めての利用者への無利息サービスを用意しています。
なかでもプロミスは上限金利も0.2%低く設定されているので、アコムと比較してみてもよいかもしれません。

 

また、当サイトのTOPページで解説しているSMBCモビットは、無利息サービスはなく、上限金利もアコムと同じですが、WEB完結申し込みという強みがあります。
この申し込み方法なら、電話連絡や郵便物なしで契約できるので、在籍確認に不安がある人、周りに内緒でお金を借りたい人には人気の消費者金融となります。

 

いくつかある消費者金融を比較検討し、最も自分に適した選択肢がどれか、見極めるようにしましょう。

アコムの公式サイトはこちらです。

SMBCモビットが気になる人は、当サイトのTOPで紹介しているSMBCモビットの審査や在籍確認の情報も活用してみてください!