SMBCモビット審査在籍確認

SMBCモビットの審査は甘いは嘘!審査落ちを防ぐ6つの対策とは

ぶたの貯金箱

SMBCモビットの審査は本当に甘いのか?

SMBCモビットは、大手消費者金融機関の1つです。

 

「SMBCモビットの審査は甘い」そう思っている人もいるのではないでしょうか。

 

実際に「審査が甘く、借り入れしやすい」という口コミもみられます。

 

SMBCモビットの審査は本当に甘いのでしょうか?それとも厳しいのでしょうか?

 

結論からいうと、SMBCモビットの審査は甘くはありません。

 

本記事では、SMBCモビットの審査が甘いと言えない理由と、審査に通りやすくみられる理由を解説していきます。

 

さらに、審査に通るための7つの対策と審査時間をみていきます。

 

そうすることで、審査に最短で通るための可能性を高めていきたいと思います。

 

SMBCモビットの審査が厳しい理由

 

カードローンの審査の厳しさを比べる上で、成約率というものがあります。
成約率とは、カードローンを申し込んで審査に通過し、契約ができた人の確率です。
この成約率が高ければ高いほど、審査に通過しやすいといえるでしょう。

 

大手消費者金融の成約率は以下の通りです。

消費者金融 成約率 データ時期
SMBCモビット 非公開 非公開
アコム 43.1% 2019年8月
プロミス 45.3% 2019年8月
アイフル 42.7% 2019年8月
レイクALSA 30.2% 2019年4〜6月

 

SMBCモビットは、大手消費者金融の中で唯一非公開。

 

よって、審査の甘い厳しいを考察することができません。
しかし、SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループの会社となっています。

 

SMBCモビットは株式会社SMBCモビットによって運営されています。
対する、プロミスの運営会社はSMBCコンシューマーファイナンス。

 

断言はできませんが、同じグループ会社ということでSMBCモビットとプロミスの成約率は近いのではないかと推測できます。

 

よって、SMBCモビットは他社4社と比較して、抜きんでて審査に通りやすいというわけではないと思います。

 

【SMBCモビットの公式サイト】

 

 

むしろ、他の大手消費者金融と同様に、10人に4人の割合でしか審査に通らないことが予測されるので、厳しめと言えるでしょう。

 

では、なぜSMBCモビットの審査は甘いと言われるのでしょうか?
それは、在籍確認の電話連絡なしという強みを前面に押し出しているからであると考えます。

 

SMBCモビットには、さまざまな条件があるものの、在籍確認を書類で行うことが可能。
書類での在籍確認は手軽に行え、すぐに終わらせることができるものであるとされています。

 

自宅や勤務先への電話連絡が嫌な人にとって、書類で在籍確認が行えることは非常に魅力的です。
ですが、その手軽さが「SMBCモビットは審査が甘い」というイメージを持たせる原因となっているのではないのでしょうか。

 

では、SMBCモビットの審査は甘くないということがわかったところで、実際に審査に通るための対策をしていきましょう。

 

もくじに戻る

SMBCモビットの審査に通るには?6つの対策!

審査に通る6つの対策
SMBCモビットの審査は、決して甘くはありません。

 

けれど、審査に通るポイントをおさえてきちんと審査に臨めば、審査に通る可能性はグンッと上がります。

 

そのような審査に通るための対策は、以下の6つです。

 

1.申込基準を満たす
2.他社借入を減らす
3.信用情報をよくする
4.総量規制を考慮する
5.書類の不備・虚偽に注意する
6.在籍確認に備える

 

これだけ対策しておけば、審査に通る可能性は高くなることと思います。

 

1つずつ紹介していきますので、自分にできる対策をしていきましょう。

 

1.申込基準を満たす

 

当然のことながら、SMBCモビットの申込基準を満たしていないと審査には通りません。

 

では、SMBCモビットの申込基準は、以下の通りです。

 

・年齢満20歳以上69歳以下
・安定した定期収入がある(アルバイト、派遣社員、パート、自営業の人も可)

 

安定した定期収入がある人であれば雇用形態は問われず、申し込むことができます。
しかし、収入がない専業主婦と永住権をもたない外国籍の人は申し込みができません。

 

申込基準を満たしてから申し込みをしましょう。

 

もくじに戻る

2.他社借入を減らす

 

当然のことながら、他社からの借り入れが多いと、貸し倒れのリスクがあるとして審査に通過しにくくなります。

 

貸し倒れとは、金融機関が貸付を行い、それの回収ができなくなってしまうことを言います。
他社借入が多すぎると、SMBCモビットの返済まで行えない状態に陥ってしまう可能性があります。

 

消費者金融機関側としてもそれは避けたいので、他社借入が多い人に対しては貸付を行わない傾向にあります。

 

確実に、金融機関からの信用を得て、借り入れを行うためには借り入れを少しずつ減らしていくことが得策です。

 

もくじに戻る

3.信用情報に傷をつけない

 

SMBCモビットの審査では、申込者に借り入れを返済する能力があるかどうかを確かめます。

 

その方法とは、信用情報の照会です。
この信用情報とは、過去における個人の携帯料金やクレジットカードなどの支払い全般に関する情報のことです。
SMBCモビットの審査に限らず、クレジットカードやローンの審査では必ず信用情報の照会が行われます。

 

当然のことながら、もし過去に支払いの延滞などがあったりして信用情報に傷があると、審査に通りにくくなってしまいます。
また、債務整理や強制解約といった重大な金融事故を起こした過去があったりすると、もっと審査に通過することは難しいでしょう。

 

いざというときに借り入れを行えるようにするために、信用情報に傷をつけないよう気をつけたいですね。
現在ある他社借入のみならず、クレジットカードや携帯料金、税金の支払いを延滞することなく、返済していくことも重要です。

 

そうすれば、信用情報に傷はつきにくくなる可能性が高いです。

 

もくじに戻る

4.総量規制を考慮する

 

消費者金融は、貸金業法によって運営されるため「総量規制」と呼ばれる規定の対象となります。

 

この総量規制とは、過剰な借入を防ぐために、借入限度額を年収の3分の1内とする規定のことです。

 

借入限度額は、他社借入額も含みます。
年収の3分の1を超えてしまうと、借り入れはできなくなります。

 

もし審査の際に、すでに他社借入額を含めた借入額が年収の3分の1を超えてしまっていると、審査に通ることはできません。
また、収入が極端に少ないと、借入限度額も必然的に少なくなってしまいます。

 

例えば、年収300万円の人が借り入れをしようとすると、100万円の借入限度額となります。

 

借入限度額は、年収によるところが大きいため、年収が低めの人は借入限度額が少なくなってしまう可能性があります。
なので、借入希望額は多すぎず、本当に必要な最小限度の額を入力することで審査に通る可能性が上がるかもしれません。

 

もくじに戻る

5.書類の不備・虚偽に注意する

 

SMBCモビットでは、必要書類の不備・虚偽があると、審査落ちとなってしまいます。

 

必要書類をしっかり把握しておくことで、書類の不備を防ぎましょう。

 

SMBCモビットに提出する本人確認書類の写しは以下の通りです。

・運転免許証(裏面も)
・健康保険証(裏面も)
・パスポート(顔写真および住所のページ)

 

他の消費者金融機関では、健康保険証などの顔写真付きでない本人確認書類の場合は、もう1点、書類の提出を求められることが多いです。
しかし、SMBCモビットでは、顔写真付きでない健康保険証の提出だけでも本人確認書類として利用可能。

 

SMBCモビットであれば、本人確認書類を2点だす手間を省くことができます。
また、場合によっては以下の収入証明書の写しの提出が求められる場合があります。

・源泉徴収票
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書(賞与明細書も含む。直近2か月分)
・税額通知書

 

さらに、個人事業主の人は場合によっては「営業状況確認のお願い」と呼ばれるSMBCモビット所定の書類の提出が必要です。
「営業状況確認のお願い」では、申込者の営業状況(事業計画、収支計画、資金計画)の回答を求められます。

 

こちらはSMBCモビットの公式サイトにて、ダウンロードできますので、個人事業主の人はチェックしてみましょう。

 

もし、書類の提出の際に虚偽がみつかった場合は、文書偽造の罪として犯罪に値する行為となってしまいます。
書類を提出するときは、不備・虚偽なく提出するよう心掛けましょう。

6.在籍確認に備える

SMBCモビットでの在籍確認にクリアしなければ、当たり前ですが審査には通りません。

 

SMBCモビットでは、電話連絡での在籍確認がある場合があります。
電話での在籍確認は、電話口で会社名も名乗らないので上司や同僚にバレる可能性は低いです。

 

また、SMBCモビットの「WEB完結申込」では、公式サイトによると在籍確認の電話連絡がなしとされています。
電話連絡なしであった場合の提出書類は以下の通りです。

 

・社員証
・保険証
・給与明細書
・源泉徴収票

 

WEB完結申込については、次の項目の、WEB完結申込(会社員・公務員のみ)で解説しているので、、そちらを参考にしてみてください。

 

もくじに戻る

審査の流れと審査時間は?

5枚の1万円札
SMBCモビットの審査に通るための7つの対策にふれてきましたが、続いては実際の審査の流れをみていきます。

 

審査に通る可能性を上げる方法がわかったところで、次は審査の流れをきちんと把握しておきましょう。
手順を知っていることで、スムーズに申し込みから借り入れを行うことができます。

 

まず、SMBCモビットの審査の流れは2パターンあります。

 

それは「カード受け取りありのカード申込」「カード受け取りなしのWEB完結申込」です。

 

まず、WEB完結申込の場合の流れをみていきましょう。

 

WEB完結申込(会社員・公務員のみ)

 

WEB完結申込のメリットには以下の3つがあります。

 

・電話連絡の在籍確認なし
・郵送物が届かない
・カード受け取りが不要

 

大変嬉しいメリットだらけで、とてもおすすめできる申込方法です。

 

そのようなWEB完結申込は以下の通りです。

10秒簡易審査(インターネット)
  ↓
本審査(書類の在籍確認あり)
  ↓
結果通知(メール)
  ↓
金融機関口座に振込

 

WEB完結申し込みであれば、スマホ1つで借り入れができちゃいます。

 

WEB完結申込の条件は以下の通りです。

@本人確認書類、収入証明書、勤め先を確認できる書類(健康保険証・給与明細書)の提出
A三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行いずれかの口座がある人
B社会保険証もしくは組合保険証がある人

 

これらを全て満たせてないと申し込みはできない可能性が高いです。

 

最も、条件を難しくさせているものとして、3つ目の社会保険証と組合保険証がある人のみということ。
この3つ目の条件により、会社員あるいは公務員でないと申し込むことができないということになってしまいます。

 

つまり、アルバイト・パート・派遣社員・自営業の人などは申し込みができないということ。

 

実際のところはどうなのか、SMBCモビットに問い合わせてみました。

 

SMBCモビットのオペレーターによると、「WEB完結申込で保険証がないのであれば、代わりに給与明細書や源泉徴収票などの書類を提出してもらいます」とのこと。
ということは、会社員あるいは公務員以外でも申し込み可能ということになります。

 

ただし、保険証の提出ができないとなると、電話連絡での在籍確認が行われる可能性が高くなるといえるでしょう。

 

もし電話連絡での在籍確認があったとしても、「郵送物なし」「カードの受け取り不要」といったメリットはあります。
ですので、会社員あるいは公務員以外の人もWEB完結申込をするのが良いのではないでしょうか。

 

また、WEB完結申込であれば借り入れまでの時間をかなり短縮できると予想できます。

 

そもそもSMBCモビットは審査の回答には時間がかかると言われています。

審査回答時間(公式サイト) 実質審査回答時間
最短30分 2〜3時間

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

実際に、2〜3時間かかったとの口コミも多く見られ、時間がかかるそうです。

 

しかし、SMBCモビットの公式サイトでは、急ぎで融資が必要な人に向けて以下のように述べています。
急ぎの融資を希望の方

 

もしかすると、SMBCモビットに問い合わせることで、優先的に審査を行ってくれるかもしれません。

 

もちろん、そのときの審査の混み具合などによっては、対応できない場合もあると思います。
しかし、カード受け取りの時間を短縮できたり在籍確認の電話連絡がなかったりする点から、やはりWEB完結申込が速いと言えます。

 

会社員と公務員にしかWEB完結申込はできませんが、対象者であれば借り入れまでの時間をかなり短縮できるでしょう。

 

SMBCモビットのWEB完結申込は条件を満たしてしまえば、電話連絡・郵送物なしでバレずに内緒で借りられる可能性が高いです。
メリットが多いWEB完結申込はかなりおすすめできます。

 

もくじに戻る

カード申込の場合

会社員・公務員しかWEB完結申込となった場合に、それ以外の職種の人はどういった申込をすればいいのでしょうか。

 

それは、SMBCモビットの通常申込方法とされているカード申込での方法となります。

 

申込の流れは以下の通りです。

10秒簡易審査(インターネット申し込み)
  ↓
本審査(電話での在籍確認あり)
  ↓
結果通知(メール・電話)
  ↓
カード発行・受け取り(郵送・三井住友銀行内ローン契約機)
  ↓
金融機関口座に振込・カードで借入
  ↓
書類返送

 

カード申込は一般的な申し込み方法となっています。

 

カードを受け取った後は、金融機関口座に振込か、カードで出金して借入をします。
SMBCモビットの借入までの過程の特徴としては、書類の返送があること。

 

契約後、SMBCモビットから契約内容確認書などの書類が自宅に郵送されてきます。
必要箇所に記入・捺印した後に、同封されている返信用封筒でSMBCモビットへ返送が必要です。

 

「家に郵送物が届くと家族にバレて困る」という人もいるのではないでしょうか。
ですが、差出人は「MCセンター」という名であるため、見た目からは消費者金融からの郵送物とわからない仕様になっています。

 

それでもやっぱり「内緒で借りたい!」という人もいますよね。

 

ここで再びSMBCモビットに問い合わせてみました。
オペレーターによりますと、「原則として書類返送は行われるものの、審査通過状況によってはなしにすることは可能です」とのこと。

 

申込者と審査状況によるということをかなり強調していたので、断言はできません。
しかし、場合によっては書類返送をなしにできる可能性があるため、一度、SMBCモビットに尋ねてみるのも良いのではないでしょうか。

 

また、電話連絡での在籍確認についても聞いてみました。

 

書類返送と同様で、もし勤務先が休みで在籍確認ができない場合は、書類での在籍確認の対応も可能とのこと。
書類での在籍確認に関しましても、申込者の審査状況と担当者の判断によるそうです。

 

いずれにせよ、カード申込でも在籍確認の電話連絡なし、書類返送なしにできる可能性があるということでした。

 

今回、問い合わせをしてみて、SMBCモビットは、カード申込での申込者に対してでもかなり柔軟に対応してくれることがわかりました。
カード申込での不安がある方は、SMBCモビットに問い合わせして不安を解消してから審査に臨みましょう。

 

もくじに戻る

10秒簡易審査

SMBCモビットの借り入れまでの流れには、10秒簡易審査と呼ばれるものがあります。
この10秒簡易審査とは、いわゆる事前審査のことです。

 

10秒で結果がわかるため誰でも簡単に行うことができます。
しかし、ここで注意してほしいのが、この10秒簡易審査の申込情報は、信用情報機関に記録されるということ。

 

10秒簡易審査を始める前には、信用情報に申込情報が記録されることに関しての同意を求められます。
SMBCモビットの10秒簡易審査を行うと、ローンに申し込みをしたとして半年間は記録が残るのです。

 

複数のカードローンに同時期に申し込んでしまうと、申し込みブラックになる可能性もあります。
なので、このSMBCモビットの10秒簡易審査を行う際に、申し込みブラックとならないように注意しましょう。
ちなみに、「カード申込」「WEB完結申込」どちらにもこの10秒簡易審査があります。

 

それでは、10秒簡易審査の手順や内容を確認しましょう。

 

10秒簡易審査の段階では、以下の項目の入力が必要です。
お名前などご連絡先契約希望額など

 

年収から電話番号などの全ての入力が終わると10秒も経たないうちに以下のような結果がでました。
事前審査結果
10秒簡易審査の後に、本審査の申し込みへとうつっていきます。

 

本審査の申し込みでは、「お勤め先」の入力がメインです。
勤務先の入力画面
10秒簡易審査は、非常に簡単にできるもので、借り入れを検討している段階の人でも気軽に行えるものとなっています。

 

もちろん10秒簡易審査に通ったからといって本審査に通るわけではありません。
ですが、前段階として10秒簡易審査を行ってみて、結果を確かめてみるのがいいかもしれませんね。

 

【SMBCモビットの公式サイト】

 

もくじに戻る

【まとめ】SMBCモビットの審査は厳しい!だからこそ対策を!

WEB完結申込がおすすめ
SMBCモビットの審査は結果として、甘くはないです。

 

ですが、審査の対策をきちんと行えば、審査に通過する可能性を上げることができます。

 

SMBCモビットには、電話連絡なし郵送物なしの「WEB完結申込」があります。
この電話連絡なしは他社にはない強みで、ぜひ利用したいサービスです。

 

利用条件には、原則として正社員・公務員であるといった条件があります。
しかし、実際は、電話連絡が入る可能性は高いものの、正社員・公務員以外でも申し込みは可能です。

 

ちなみに、何としても電話連絡なしの在籍確認を希望する人には以下の方法があります。

・正社員あるいは公務員になる
・SMBCモビットに問い合わせして相談してみる
・他の消費者金融を検討する

 

すぐに正社員あるいは公務員になるのが難しい人は、やはりSMBCモビットに問い合わせてみて、相談してみるのが早いかもしれないですね。
また、他の消費者金融機関の情報を以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

金融機関 在籍確認(電話) 在籍確認(書類)の対応 土日祝の審査実施 審査回答時間 無利息サービス

金利/年
(2019年9月時点)

アコム あり 9:00〜21:00 3.0%〜18.0%
アイフル あり 9:00〜21:00 3.0%〜18.0%
レイクALSA

第3日曜のみ
8:00〜19:00

9:00〜21:50 4.5%〜18.0%
SMBCモビット ◯(WEB完結申し込みのみ) あり 9:00〜21:00 × 3.0%〜18.0%

 

SMBCモビットは即日融資から書類での在籍確認をも可能としている大手消費者金融です。
問い合わせの際にも、さまざまな打開策を提案してくれたことから、かなり柔軟の利く消費者金融といえます。
SMBCモビットの借り入れまでに不安や疑問がある人は、一度相談をしてみましょう。

 

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

もくじに戻る