モビット審査在籍確認

1、モビットに借入を申し込むに当たってのイントロダクション

モビットという会社は、銀行でも消費者金融でもなく、銀行系個人ローン会社として設立された大手金融機関系の会社であり、これまでのローンサービスと異なったビジネスモデルとブランドを構築して、業界で初めて契約などの手続きをWEBサービスで行うなど、IT技術を駆使しながら利用者のニーズに応えた形で事業を行っています。

 

また同社の強みは、ノンバンクカードローンにおけるオリコン日本顧客満足度ランキングで、第1位を記録している事でしょう。

 

そのモビットでは、即日審査を実施しており、最短で約30分という短時間で審査結果がわかるようになっています。インターネットにおいて10秒で簡易審査と審査結果照会が可能である事もセールスポイントとなっており、まずはそこから第1歩を踏み出す手もあります。

 

WEB完結の場合は所定のカード発行が省略され、電話連絡や郵送物がないため、すぐに手続き完了になります。その後の借入・返済方法も口座への振込・提携ATMでの直接操作など、容易に行う事ができます。提携ATMに関しては、全国のメガバンク・コンビニエンスストア・駅など、様々な場所で利用が可能です。それぞれのシーンに合わせて利用すると良いかもしれません。

 

最近のキャッシングではインターネットによる申し込みが主流になっており、会社によっては専用の契約機を用いる事がありますが、モビットにおいても申し込み方法は多岐に渡り、パソコンや携帯電話からはもちろん、ローン申し込み機にて自身で操作する事もできます。

 

電話にてオペレーター対応を希望する場合の受付時間は9時〜21時ですが、インターネットで申し込む場合は24時間受付になってます。また、申し込みに際し、保証人・担保・印鑑は必要ありません。申し込みから現金が手元に来るまで、手軽に行い短時間で済むので、お急ぎで現金を必要とされる方にも好評なサービスです。

 

サービスを申し込むに当たり、アルバイトやパート、派遣社員といった方々でもモビットの定めた条件が適合されれば、利用が可能だという事も利点でしょう。

 

手数料は入会金・年会費ともに無料になっています。必要書類ですが、まず運転免許証などの本人確認書類を必要とし、収入証明書類として、給与明細書や源泉徴収票の写しなどを用意しておくと良いです。限度額の範囲内であれば、繰り返して利用できる事も特徴であり、借入・返済ともフレキシブルに行える事がポイントです。

 

また契約後、会員専用サービス「Myモビ」というWebセルフマネジメントシステムに登録しておくと、口座への振込まで最短3分で完了し、様々な支払い時の残高不足にも対応できる他、返済シミュレーションによる返済計画ができ、取引の履歴を確認する事もできるので、忙しい場合でも自ら簡単に調べられます。

 

このようにアフターケアがしっかりしてる事も、安心して契約ができる理由だと考えられます。また、過度の郵便物を送る事なく、利用者の満足を追求しようという会社の姿勢も見てとれます。

 

 

2、モビットを実際に利用された方のそれぞれの口コミ・体験談

モビットのサービスで、実際に借入をされた方の申し込み状況や審査結果などのお話をまとめてみます。

 

フリーター(20代男性)
飲食業でのアルバイト収入で生活されているこの男性は、自身の給料日までにかかる出費がかさみ、且つ日常の遊興などによって財産が逼迫し、消費者金融のキャッシングを利用する事を決断、スマートフォンを片手にモビットの審査を申し込んだ。

 

結果的に審査を通過し、10万円の借入をする事ができている。アルバイトでの収入が毎月12〜13万円である事や、10年近くの勤続年数が好条件になったのであろう。

 

契約方法について、銀行振込かカード受取どちらかを選べるが、実際にはカード受取を希望。その際、自動契約機のボックスに入る必要があるが、銀行振込を指定すれば、こうした手間はなかった。人目を気にせず手続きしたいという場合は、銀行振込が無難。

 

会社経営者(30代男性)
借入前、他社金融機関から借入を受けていたこの男性は、自社の経営に際し自転車操業の状態になっており、返済に困窮しながらもさらにローンを増やす事を決断、偶然手に取ったモビットの広告を見て、審査を申し込んだ。審査を通過し40万円の借入に成功。

 

男性はホームページでの簡易審査後、指定の銀行へ振込ができるサービスについて詳しく知る必要があり、電話で手続きを継続。担当のオペレーターは懇切・丁寧に対応してくれたといい、振込にかかった時間も短く済んだので安心した。

 

会社員(20代男性)
この男性は、バイクを趣味としており、自身の新しいバイクを購入するため、中古屋に訪れてお気に入りのバイクを見つけた。しかし、購入にあたり頭金を必要とする旨を知り、直前に起こした自損事故により発生していた諸費用や、購入タイミングなどを考えた末、モビットの審査を申し込んだ。

 

それまで男性は銀行口座引き落としやクレジットカードにおけるトラブルもなく、審査自体に不安はなかったが、即日融資ができるかどうか気掛かりだったものの、50万円の借入に成功。男性はお気に入りのバイクを購入する事ができた。

 

フリーター(30代女性)
この女性は、自身の愛車が故障してしまった事をきっかけに、やむなく新車を購入する事にしましたが、新車は当然ながら高額であり、女性には急でまとまったお金がなかった。

 

しかしながら生活のために自動車は必要であり、悩んだ結果、中古車を購入する事を決断。モビットのCMのユニークさに惹かれ、短時間の審査にも魅力を持ったといい、審査を申し込み、30万円を借入。

 

年利を考えてもパートの彼女にとって負担を感じる事なく、安心して借入ができ、新たな中古車をすぐに購入できた。

 

 

・・・以上のお話から、モビットから借入をするに当たり、利用者が安心してサービスを受けられている印象が受けられます。他社と異なったスムーズな金融サービスで、今後も利用者の満足が増えるでしょう。

 

3、モビットのキャッシングを申し込む前に確認しておきたい金利

キャッシングを利用する際に重要視されるポイントとして、やはり金利があげられる事でしょう。当然の事ながら、金利は業者によって異なってくるものです。

 

モビットの場合、実質年率は3.0%〜18.0%となっています。利息の算出方法としては、借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数で計算される仕組みです。例えば実質年率18%として、30日間で10万円を借り入れた場合、その利息は1,478円といった計算方法になるのです。

 

ちなみに、このモビットはあの三井住友銀行というメガバンクの傘下の企業であり、同行の広告や看板と同居する形でモビットの宣伝も行っています。そうした広告を目にされた事があれば、三井住友銀行系の銀行カードローンと似たようなものだと想起する場合もあるでしょう。しかしこの両者は全く異なる法律の管理下で貸付を行っています。なぜなら、銀行法と貸金業法とで運営主体が分かれているからです。

 

三井住友銀行のように、銀行が主体の銀行カードローンは、銀行法としての適用を受けるのですが、モビットの場合はあくまで同行から派生された消費者金融系の事業者なので、貸金業法としての適用を受けているのです。

 

あのメガバンクのグループであれば金利も安く済むだろう・・・、総量規制の対象外だろう・・・、と思って迂闊に契約してしまうと後々不利になってしまいます。この区別をしっかり理解して申し込むようにしてください。

 

他社の消費者金融系の金利でも、ほぼ同率の金利となっているため、一般的な消費者金融系と設定が似ています。利用前に改めて確認しておくとよいでしょう。

 

しかしながら上記の実質年率の数値を見て、最低金利の3%でなくても10%前後で大丈夫だろう・・・、長期のスパンで返済するから返済額が少なく済むだろう・・・、などと思われている方がいます。これは大きな誤解であり、こうした単純な考え方で進めていくと、利息として払う分で大きな負担になりかねません。

 

金利そのものは、キャッシングを利用する際の基本なのです。そうした基本的な知識を前もって確認しながら、自身の事情に見合ったキャッシングを検討し、申し込む事が無難です。

 

モビットの金利の場合、最高金利で18%となっていて、最高金利もしくはそれに近い金利で適用されるとやはり高い利息を支払わなければならないと思われる方もいるでしょう。水準としても業界の中では高い部類だと言えます。

 

しかしこれはあくまで借り入れ額にもよって決まるものです。例えばモビットで最大限度額の800万円を借り入れた場合と、他社消費者金融での最大限度額をそれぞれ30日間借り入れた場合、適用される年率にもよりますが、実質的にモビットのほうが安く上がるパターンがあります。返済途上で、収入額の上昇や安定した返済が見込まれれば、そうした事情を相談の上、金利の引き下げを交渉する事も可能です。

 

4、モビット申し込み・・・審査へ進むにあたり把握すべき事

モビットのキャッシングを申し込むと、待ち受けているのが審査です。これは他の事業者でキャッシングサービスを利用する場合も同様です。しかし、利用者がここで一番気掛かりなのは、果たして自分が本当に審査を通過できるか、どのような審査基準で自分が通過できるのか・・・だと思います。

 

審査が行われるにあたり、その最大の目的は利用者の返済能力があるかどうかを見極めるところです。当然の事ながら、第三者から借りている物はしっかり返さなければならないわけです。図書館でも資料を借り、その返却期限を一定期間守らなければ、貸出停止処分を受ける結果になります。それができない事には、貸す側としても大きな不安につながってしまうのです。

 

モビットの場合、保証人なしで即日で借り入れができるというサービスを行っております。他社よりも早く借り入れができる大変便利な特徴がある反面、返済能力が認められないと判断された場合、審査には通りません。

 

事業者によって審査基準は様々ありますが、モビットを例にすると、第一に安定した収入がある事です。毎月の安定した収入がある事で、会社員はもちろん、アルバイトの場合でも審査を通過できる可能性があります。この段階での審査基準を満たすには、正確な年収を申告する事と、最低限での借り入れを希望する事がベストです。

 

次に、他社における借り入れ状況を調査されます。審査の過程において、必ず個人信用情報機関に照会を行います。その際、どこの事業者でどのくらい借り入れをされているか、一目瞭然のごとく把握されます。総量規制の制度の関係で、規制額を超えた借り入れをできなくする措置でもあるのです。

 

そして、過去の金融事故の経歴も調査されます。審査に当たり、特に重要視される部分と言えます。申し込みに際して、これまで金融事故を発生させた経験がある場合、そうした情報も上記同様に信用情報機関に照会された時に発覚するので、その時点で審査の通過は極めて困難です。

 

例えば、他社キャッシングの返済遅延、クレジットカードや不動産(家賃等)の支払い滞納といった行為は金融事故に当たります。こうした情報は、最低5年間記録されてしまうわけです。

 

以上をまとめると、安定収入・他社借り入れ状況・金融事故情報、それぞれの項目において問題がないかどうかが重要なのです。

 

モビットでは、公式ホームページにおいて10秒簡易審査を受けられるサービスを実施しています。ここで借り入れができるかどうかの判断をすぐにできるので、待つ事が苦手な方であればそれを利用してみてください。

 

このサービスを利用するに当たり主な申し込み項目として、本人の基本情報はもちろんの事、キャッシングの利用目的、年収、勤務先の職種、最終学歴を入力します。これだけ揃えば簡易審査の申し込みは完了です。ただし、こちらもれっきとした審査であるため、必要事項は正確に入力するようにしてください。

 

5、モビット契約時における在籍確認はどう実施されているか

キャッシングを申し込み、審査に移行する前の段階で、自身の所属する企業へ電話にて在籍確認を行う場合がある旨を告知された方も多いでしょう。こうした作業は、申し込みに際してその本人が本当にその企業に所属しているのか、その返済能力に関して確認が必要な時に行われているものです。しかし、その在籍確認をされる事に抵抗を感じる方もいるものです。

 

モビットの場合、インターネットでの操作によって審査・契約を完了できるサービスもあります。このウェブ完結での借り入れを希望する場合、三井住友銀行の普通預金口座または社会保険証を保有されている場合のみ、所定の必要書類を準備しておけばこれで借り入れをすることができます。

 

ただ、あくまで電話による確認を省略される仕組みであるため、在籍確認をしないのではなく、必要書類にて在籍確認を行うといった考え方なのです。つまり、こうした電話による連絡を敬遠する場合や、勤務の都合上電話連絡が困難だという場合、そうした方法で手続きする事をすすめます。

 

モビットでならそうした心配をせずして手続きができる事を謳い文句にもしており、上記のような事情を抱えている方々からも人気のあるサービスなのです。

 

もう一つ気掛かりだとすれば、自身のご自宅に郵送でキャッシング関係書類が届く事ではないかと考えられます。そんな事をされては、家族に発覚されてしまうといった不安が生じる事でしょう。モビットの場合、ウェブ完結によって契約してあれば自宅への郵送物も省略される仕組みなので、併せておすすめです。

 

また、通常の方法では必要書類をコピーしたり、原本を用意しなければならなく、その過程においてやはり家庭内でキャッシング申し込みが発覚しやすい要因とも言えます。ウェブ完結によって、そうした書類は自身の記録媒体にて撮影したものを送付すれば良いだけという利点もあります。

 

ところで、クレジットカード業界において、申し込み時に在籍確認を行う事がよくありました。クレジットカードの場合でも同様に、キャッシング機能がある事などを理由に在籍確認を行い、返済能力の是非を確認するように行われていましたが、現在ではクレジットカードにおける在籍確認はほとんど行われていません。

 

この認識を誤解してしまったためか、消費者金融でのキャッシングでも在籍確認される事は少ないだろうといった認識を持たれてる方もいます。

 

クレジットカードとキャッシングとでは法律が異なり、割賦販売法と貸金業法に二分されます。キャッシングは貸金業法に当たるので、在籍確認が必要になるのです。ただし、クレジットカードでのキャッシングを利用する場合も同法が適用されるので、確認の連絡をされる可能性が高まります。

 

どちらにしても、金銭を借りるための手段として使われるものなので、モビットに申し込んでいてもそうした認識の違いを持たないように心がけなければならないのです。

 

6、モビット借り入れ・・・返済日が到来、どうすればよいか

審査も何とか通り、現金も借り入れる事ができて、まずは安心といったところでしょう。しかしそこで安心してはならないのです。お金を借りている以上、返済も心掛けないといけないわけです。

 

その返済方法も借りる時と同様、一体どうやって行えばよいかわからない方も多いでしょう。

 

モビットでは、便利な方法で返済をする事ができ、利用者の都合に合わせて行う事ができます。まず、三井住友銀行の預金口座を持っていて、その口座に借り入れ金がある場合、口座振替として毎月自動的に引き落としで返済されます。

 

そして、提携しているATMにて返済する事もできます。利用者の近くにある銀行・コンビニエンスストアなどに設置されてある全国約130,000台の提携ATMを利用が可能です。

 

例えば、たまたま近くにコンビニエンスストアがあり、そこで何か買い物をしたついでに、店舗に設置されてあるATMに寄って、返済処理を行う事もできるのです。こうした利便性は今後も展開されることでしょう。

 

返済に当たって、約定返済として期日を自身で指定する事もできます。例えば口座振替型の返済では、約定返済日を毎月5日・15日・25日・末日から選択し、その指定した日に引き落としされる仕組みです。

 

月々の返済金額は、最終借り入れ後の残高に応じて返済額が変化する、借り入れ後残高スライド元利定額返済方式が適用されています。例えば最終借り入れ後残高が10万円以下で、返済額は4,000円、10万円を超過し20万円以下なら8,000円・・・といったようにスライド式で変化するので、分割で返済も可能なのです。

 

またモビットでは、追加返済として、収入に余裕が生まれた時など通常よりまとめて返済する事も可能です。そうする事で、支払う利息も少なく済むようになります。おまとめでも便利に使えるだけあって、好評なサービスと言えるでしょう。

 

万一、所定の期日までに返済ができず、遅延が見込まれる場合、すぐにモビットコールセンターに連絡して指示を仰ぐようにしてください。ケースバイケースではありますが、ブラックリストに載ってしまうようなひどい状況でないのであれば、返済日を延ばしてもらえる可能性もあります。もちろん、その際には遅延損害金として別途発生してしまうので注意しなければなりません。

 

その遅延損害金とは、返済の遅延に際して請求されるペナルティのようなものです。返済日翌日から返済完了まで、日割り計算で加算されていきます。モビットの場合、年率20.0%の遅延損害金となっています。

 

参考までに、遅延損害金の年率については利息制限法により最大20%とされており、モビット以外の消費者金融事業者でも20.0%の年率として設定されているところがほとんどです。

 

返済するに当たり、期日を大幅に過ぎてしまったりすると、それだけ余計に発生するお金も動いてしまう他、金融事故扱いにもなりかねないので、確実な返済を行う事が無難です。

 

7、借り入れ金額を増額させたい時の処理方法いろいろ

キャッシングを新規で申し込む際、審査の過程で融資限度額というものが決まります。その審査によって決められた限度額は、一定の期間が経過し収入状況の変化や返済実績によって、増額する事が可能です。

 

例えば、新規で申し込んだ時点より収入の額が向上している可能性もあります。また、他社ローンやキャッシングにおいての借り入れをすべて返済し、支出が減って状況に余裕が生まれる事もあります。そうした時に、これらの事が非常に有利になり、増額可能になります。

 

増額を希望する場合は、一度電話にてモビットコールセンターへ申請します。そこからすぐ審査が行われます。
通常、この審査申し込み後にかかる審査時間は最短で30分です。ただし審査結果が出るのが、休日を挟んでしまう場合もあるので注意です。

 

しかしながら、増額するということは借り入れる金額が増える意味であり、新規申し込み時の審査より厳しくチェックされます。
やはり、増額した後で返済に困窮してしまい、回収できなくなるリスクも想定されるからです。
審査の時点で信用情報機関に照会を行いますが、この時点で他社の消費者金融事業者やクレジットカードのキャッシングを利用しているとモビットでの増額は厳しくなってしまいます。

 

ここで一番重要な事は、その利用者に対して更なる信頼性の上積みができるかどうか・・・といったところです。もちろん、新規申し込み時と同様に、どのような使い道なのかを尋ねられるので、目的を決めておかなければなりません。借り入れ希望額が増える分、審査も厳しさを増すのはモビットに限ったお話ではないのです。

 

ちなみに、この増額審査に通過できにくいとすれば、モビットでの延滞記録がある事や、モビット以外での借り入れが年収の3分の1以上をすでに借り切ってしまってる事が挙げられます。また、初回審査時の勤務先や住所が変更されている場合も、状況によっては厳しくなり得ます。

 

モビットは消費者金融事業者であり、貸金業法によって事業が行われている関係上、総量規制の対象になっています。年収の3分の1までしか借り入れる事ができないため、それを超える分の借り入れになり得る場合、収入証明が必要になってくるのです。収入証明書についても、すぐに発行されない場合がありますから余裕を持って発行を依頼したほうが良いでしょう。

 

これらをこの増額審査で通過しやすい条件としてまとめると、一定の期間、無遅延で返済している・金融事故を発生させていない・総量規制の対象にならない・他社での借り入れが増えてない・勤務先等変更時に報告をしていた・転職後3か月経過している、といったことが挙げられます。

 

仮に審査を通過でき、増額が実現した場合、それまでよりも返済に細心の注意を払わなければならなりません。
もちろん、審査に通過できなかったからと言って、頻繁に増額の申請をしようとしても何もなりませんので、無難に対応していただくほうがベストだと思います。

8、モビットが設置している自動契約機の便利な利用方法や特徴

現代の社会において、各金融機関において現金の預け入れや引き出し、振込などを利用者自身でATMにて操作して行うことは、ごく当たり前の光景になっています。ATMに限らず、様々な場所に点在する自動券売機など利用者による直接の操作でスピーディーな処理を行える機器は、時代とともに進歩しているのです。

 

それと同じように、モビットでも利用者の利便性に応えるべく、顧客操作型の自動契約機として、ローン申し込み機を開発・導入するようになりました。金融機関のATMを操作する事と似たような感覚で、便利に操作してローンの契約を可能にできます。

 

一般的な申し込み操作として、画面のガイダンスに従って、必要事項を入力した後、簡易審査結果をその画面に表示されます。この審査結果に応じてモビットカードがその場で発行されます。モビットの場合、他社キャッシングサービスでの自動契約機と違って、ここで必要な入力項目は少なめになっています。この間にかかる所要時間は約5分であり、スムーズに手続き処理ができる理由はこうした工夫がなされているからです。

 

また、この方法以外にも、最初に電話・インターネットにて申し込みを行い、後にモビットカードの受け取りをこのローン申し込み機にて受け取るという手段があります。この場合、審査前に行っていただく最初の手続きにおける過程で、モビットカードの受け取り方法をローン申し込み機で行う旨を指定する必要があります。その後、審査が終わってから、最寄りのローン申し込み機にて、所定の予約番号を入力する事で、モビットカードの受け取りができます。

 

このローン申し込み機、ATMと違った様々な便利な機能も備わっています。書類等のスキャニング機能が付いている事が最大の特徴でしょう。ローンの申し込みに当たっては、必要な収入証明書類や本人確認書類を提出しなければなりません。そうした紙ベースの関係書類はこのローン申し込み機のスキャニング機能を利用して、データベースとして処理され、通信回線を介して提出する事ができるのです。また、こうした操作に不慣れな利用者のためにも、備え付けの受話器を利用して、オペレーターと相談しながら操作する事も可能なのです。

 

さらに便利な点として、平日のみならず、土曜・休日も営業しており、それぞれ21時まで利用が可能です。平日はどうしても忙しいという方にとっては、うれしいサービスだと言えます。

 

ローン申し込み機の設置場所も豊富であり、駅の中や街など全国に約400台あります。こうした小型のスペースを生かして、一部のローン申し込み機の設置場所ではエアコンが装備されているので、夏場などに利用する場合でも快適に手続きができます。

 

モビットのキャッシングを申し込むに当たり、こうしたローン申し込み機にて手続きをしてみたいなど、関心があればモビット公式ホームページにて設置場所を簡単に検索する事ができます。利用前に調べておくとよりスムーズに手続きができるでしょう。

 

 

モビット以外の消費者金融の詳細を知りたい人のためのリンク